お客様の声

ZERO-CUBE S様邸

お客様からいただいた声の画像

ZERO-CUBEで家を建てる前は、隣町の田舎で曾祖母が残した古民家を改装して住んでいました。4部屋をまとめた24帖もある巨大リビングをつくったんですけど、さすがに広すぎたのか、冬がとにかく寒くて。結局狭い部屋に私たち夫婦と子ども2人、みんなで固まって過ごしていました(笑)。その家には数年住みましたが、子どもの小学校入学が近づき引っ越しを検討。ちょうど都市部の通学しやすいエリアに祖母が残していた土地があったので、新しく家を建てることにしました。

はじめてZERO-CUBEを目にしたのは雑誌の広告。第一印象で四角くてシンプルな外観がかっこいいと思いました。他のハウスメーカーのモデルハウス展示会にも何度か見学に行ったんですけど、どれも私たちにとっては面白みに欠ける印象だったんですよね。改めて主人と考えた末、個性的な外観とアレンジのしやすさが決め手になり、ZERO-CUBEを選びました。

どうしても実現したかったのがリビングの鉄骨階段!木と黒い鉄骨階段を組み合わせた、無骨な雰囲気が気に入っています。もともと、「インダストリアルな雰囲気の家にしたいね」と2人で話していたんですよ。ほかにも、壁材にはラフな風合いが特徴のレッドシダー材を使用したり、床は無垢材にしたりと、素材にはかなりこだわりました。

あと、リビングからあえて隠すようにアレンジしたカウンターキッチンも私のお気に入り。小窓から覗いているようなデザインがユニークで面白いんですよね。

以前は付き合いで外に出かけることの多かった主人も、ZERO-CUBEを建ててからは家にいる時間が増えました。どうやらマイホームに帰ってくるのが楽しみになったみたい。よくカウンターキッチンの前にスツールを置いて、2人で晩酌を楽しんでいます。

この晩酌には、友達が参加することも。カウンターの前に集まって飲むと、まるでバーのような雰囲気になるんですよ。訪れた友達も、「この家は居心地がいいね」と言って、そのまま泊まっていくこともあります。

子どもたちも、2人で1部屋をシェアするかたちにはなりましたが、自分たちの部屋ができて喜んでいます。
この空間で過ごす全員が楽しめる家を建てることができて、大満足です。

  • 0
  • 9
  • 3
  • 1

売主様のご要望で一般には公開していない「非公開物件」を会員様だけに限定公開しています。

非公開物件を見るなら今すぐ!「新規会員登録」

ページの先頭へ

Copyright (C) 千葉いえとちナビ All rights reserved.